ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年06月18日 05時51分 公開

Twitter、音声ツイートのテストを開始 140秒単位の録音カードとして

Twitterが、録音した音声を投稿するテストを開始した。140秒単位の録音カードを投稿できる。140秒を超える場合は自動的にスレッドになり、1つの音声メッセージは最長25のスレッドになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは6月17日(現地時間)、録音した音声の投稿のテストを開始したと発表した。まずは一部のiOSユーザーで可能になり、向こう数週間中にすべてのiOSユーザーが使えるようになる。音声ツイートを聞いてRTすることはすべてのユーザーが可能だ。

 音声は140秒単位のカードとして記録される。1回の録音が140秒を超えると、スレッドになる。1つのスレッドは最長25ツイートまで(つまり約58分)だ。

 音声ツイートの作成は簡単そうだ。iOS版アプリの投稿画面に波長のようなアイコンが表示されるようになるのでこれをタップすると、自分のプロフィール画像とその下に録音ボタンが表示されるので、この録音ボタンをタップして端末のマイクに向かって話し、終わったら終了ボタンをタップするだけだ。

 twitter 1 音声ツイートの作成

 音声ツイートにはテキストを添えることもできる。完成したらTweetボタンをタップすれば普通に投稿できる。

 音声ツイートはタイムライン上では下図の様に見える。音声はカードとして表示されるので、これをタップすると再生が始まる。

 twitter 2 タイムライン上の音声ツイート

 iOSユーザーの場合は、音声ツイートを再生するとカードがタイムラインの下に表示され、再生しながらタイムラインのスクロールを続けられる。マルチタスクにも対応する(再生しながら他のアプリを使える)。

 ヘイトスピーチや嫌がらせの音声ツイートをどう取り締まるのかと懸念する向きもあるが、Twitterは、音声ツイートはテキストよりも自分の考えを早く簡単に共有でき、「より人間的な体験が生まれることを願っている」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.