ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年06月11日 09時55分 公開

Twitter、内容を読まずにRTしようとすると「読んだ?」と尋ねるテスト開始

Twitterが、タイトルだけ見て記事をRTすることで意図しない記事が拡散する危険を減らす目的で、Twitter上で記事を開かずにRTしようとすると警告プロンプトを表示するテストを開始した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは6月10日(現地時間)、記事やブログをTwitter上で開かずにそのままリツイート(RT)しようとすると、まずは開いてみるよう促すテストをAndroidアプリで開始したと発表した。


 問題を提起し、Twitter上の会話を活発にするために記事のRTは効果的だが、それだけに内容を把握してからRTする方がいいとTwitterは説明する。RTする記事を読むのは当然のことのようだが、タイトルと概要だけ見て内容は読まずにRTするユーザーが一定の割合で存在することは確かだ。

 Twitterのプロダクト責任者、ケイヴォン・ベイポー氏は補足的に「リンクや記事のTwitter上での拡散は簡単で強力だ。それだけに、拡散するユーザーがコンテンツを読んでいない場合、危険な可能性がある」とツイートした。

 この発表に対し、「ユーザーは子どもではない。ばかでいたい人々は放っておくべきだ」などの反対や、Twitter上ではない場所で記事を読む人もいるという反論がツイートされた。これに対しTwitterは、「まずは開いてみて」というプロンプトを表示はするが、それを無視してそのままRTできるようになっていると説明した。

 イーロン・マスク氏は「これはいい。タイトルと内容が一致しない多くの記事がRTされている」とツイートした。

 これはテスト段階であり、同社はテストはしても機能として採用しないこともある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.