ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年06月18日 08時20分 公開

Zoom、Web会議のエンドツーエンド暗号化を無料ユーザーにも提供へ 7月にβ開始

Zoomが、Web会議のエンドツーエンド暗号化計画について説明した。当初有料顧客にのみ提供するとしていたが、違法使用対策を追加することで無料ユーザーにも提供するよう計画を変更した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Web会議サービス「Zoom」を運営する米Zoom Video Communicationsは6月17日(現地時間)、有料顧客にのみ提供するとしていたエンドツーエンド暗号化(E2EE)を、すべてのユーザーに提供するよう方針を変更したと発表した。

 エリック・ユアンCEOは発表文で、7月にまずβ版としてこの機能を有効にできるようにすると語った。無料ユーザーも利用でき、従来の電話回線や古い会議システムからの参加の場合は管理者がE2EEの有効無効を切り替えられる。

 同社は6月、無料ユーザーにE2EEを提供しないのは、アプリが違法な活動に使われる恐れがあるためとしていた。

 無料ユーザーでもE2EEできるようにするための悪用回避策として、無料ユーザーの場合はE2EEへのアクセスを1回限りのプロセスとし、テキストメッセージによる電話番号の確認などの追加情報の入力をユーザーに求めるようにする。

 また、管理者はアカウントまたはグループレベルでこの機能をオン・オフできるようになる見込みだ。

 同社はE2EEの設計情報をGitHubで公開した。ホワイトペーパーを確認できる。

 zoom

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.