ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年06月22日 17時04分 公開

ビックカメラ、最短45分で配送 コロナ禍の「すぐ欲しい」需要に対応

ビックカメラがネット注文から最短45分で商品を配送するサービスを試験導入。新型コロナの影響で外出自粛が続く中、商品がすぐ欲しいという需要に対応する。

[吉川大貴,ITmedia]

 ビックカメラは6月22日、ネット注文から最短45分で商品を届けるサービスを始めた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出自粛が続く中、商品がすぐ欲しいという需要に対応する。22日から3カ月間、ビックカメラ渋谷東口店で試験的に実施する。配達エリアは東京都渋谷区の一部地域。

photo エニキャリのショッピングカート画面

 宅配サービス「エニキャリ」と連携。ECサイト「ビックカメラ・ドットコム」で日用品や事務用品などの小型商品を購入する際、渋谷東口店の在庫画面で「エニキャリで注文する」を選ぶと、エニキャリの配達員が商品を配送する。

 代金は商品受け取り時、配達員に現金かPayPayで支払う。注文受け付けは午前0時〜午後7時半、配送可能時間帯は午後1時半〜8時半ごろ。

 送料は7月21日まで無料で、その後は未定。「試験の結果に応じて実施店舗や地域、対象商品の拡大も検討する」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.