ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年06月24日 20時10分 公開

Amazon、偽造品撲滅へ新チーム 元検察官らが参加 出品者の正体を特定、訴訟で責任追及

Amazon.comが、Amazonへの偽造品の撲滅を目指す専門部署を設立。連邦検察官の出身者やデータアナリストなどが参加する多国籍集団。出品者の正体を調査で特定し、訴訟などを通じて法的責任を問う。

[ITmedia]

 米Amazon.comは6月24日(現地時間)、偽造品の撲滅を目指す専門部署「Counterfeit Crimes Unit」(偽造品犯罪対策チーム)を立ち上げたと発表した。米連邦検察官の出身者やデータアナリストなどが参加する多国籍チーム。偽造品を発見した際に、調査によって出品者を特定し、民事訴訟などを提起して法的責任を問う。

photo Amazonが偽造品撲滅を目指す新チームを発足

 Amazonはこれまでも、機械学習によって偽造品を検知する施策などを行ってきたが、巧妙に逃れて偽造品を売る悪質な出品者が一部いるという。新組織はこうした出品者の特定に向け、自社のデータを精査する他、決済サービス事業者や、被害に遭ったブランドのオーナーなどと協力し、その正体を調べる。

 出品者を特定できた場合は、国籍に応じて各国の関係当局と連携し、民事訴訟を提起する。出品者が刑事訴追や罰金刑の対象になる可能性もあるとしている。

 5月の調査では、日本、中国、韓国、英国、米国、カナダなどで偽造品の出品者を特定したという。

photo Amazonによる発表

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.