ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2020年07月01日 17時12分 公開

UUUM、所属YouTuberへの誹謗中傷の通報窓口設置 専門チームで対策

所属YouTuberを守るための「誹謗中傷および攻撃的投稿対策専門チーム」をUUUMが設置。YouTuberへの誹謗中傷を一般ユーザーに通報してもらう窓口を作る他、法的措置も強化する。

[ITmedia]

 HIKAKIN(ヒカキン)や、はじめしゃちょーなどYouTuberのマネジメント事業を展開するUUUMはこのほど、同社専属クリエイターを守るための「誹謗中傷および攻撃的投稿対策専門チーム」を設置したと発表した。

 YouTuberへの誹謗中傷を一般ユーザーに通報してもらう窓口を7月中に設置。誹謗中傷の発信者に対して、専用アカウント(@UUUM_c_guard)で直接コンタクトしたり、SNS側に削除依頼するといった取り組みを行う。法的措置も強化する。

 同社は、ここ最近「誹謗中傷や著しい侮蔑、危害の予告などの攻撃的書き込みによる被害が深刻化している」と指摘。従来から取り組んできた法的措置に加え、より「断固とした」対応を行うために専門チームを設置したという。

 クリエイターへの誹謗中傷や攻撃的投稿の情報を、ユーザーが通報できる窓口を7月中に開設。問題の発信者に対して専用アカウント(@UUUM_c_guard)を通じ、直接コンタクトする。

 また、弁護士や警察との連携を強め、悪質な権利侵害、プライバシー侵害、殺害予告などへの対応を強化する他、SNSの規約違反に当たるものや、弁護士が法的に根拠付けできると判断した投稿について、SNSへの削除依頼を行う。

 クリエイターの不安を和らげるためのメンタルケアなどの相談窓口も追加で開設する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.