ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年07月07日 10時45分 公開

7月7日の日本のGoogle Doodleは七夕アニメ ロゴをクリックすると……

Googleの検索ロゴが記念日に変わる「Google Doodle」の7月7日は「七夕」バージョン。織姫と彦星が出会うアニメだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleが記念日に検索ページトップのロゴを変更する「Google Doodle」が7月7日、日本でのみ「七夕」仕様になっている。織姫と彦星が天の川で出会うアニメーションだ。

 doodle 1 7月7日のGoogle Doodle(日本のみ)

 Googleは公式ブログで、七夕は日本で8世紀から伝わるもので、織姫の父が年に1度、7月7日にのみ会うことを許したと説明している。

 だが、Google Doodleをクリックすると、以下のような画面になる。

 doodle 2 Google Doodleをクリックした結果

 七夕は元々、古代中国の宮廷行事で、それが日本に伝わったもの。中国では行事を現在も旧暦で行っており、旧暦の7月7日は今年、8月25日なのだ。Google Doodleのリンク先は何らかの誤解でこう表示されているようだ(フィードバックを送ってみた)。なお、Googleは現在、中国本土ではサービスを提供していない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.