ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年07月14日 12時53分 公開

NTTドコモ、ITインフラの運用管理を自動化 「spモード」「dアカウント」の提供基盤にRed Hatのツール導入

NTTドコモが、米Red Hatが提供するITインフラの運用自動化プラットフォームを導入。「spモード」「dアカウント」などの提供基盤の管理に取り入れ、1万個以上の機器の運用を自動化。開発・運用コストと作業工数の低減を図る。

[ITmedia]

 NTTドコモはこのほど、米Red Hatが提供するITインフラの運用自動化プラットフォーム「Red Hat Ansible Automation Platform」を導入した。スマートフォン向けインターネット接続サービス「spモード」などの提供基盤「CiRCUS」「MAPS」の管理に取り入れ、1万台以上の機器の運用を自動化する。日本法人のレッドハットが7月14日に発表した。

photo NTTドコモが、「spモード」などの提供基盤の運用管理を自動化

 Red Hat Ansible Automation Platformは、サーバ、ネットワーク、ストレージ、クラウドなどに対応し、構成管理やプロビジョニング、デプロイなどの手順を自動化するツール。人の手による反復作業の手間を解消し、業務を効率化できるのが特徴だ。

 ドコモはCiRCUSとMAPSを、会員サービス「dアカウント」、ポータルサイト「dマーケット」などの提供基盤としても活用している。3月に始めた5G商用サービスでは、さらなるサービスの多様化やトラフィックの増大が見込まれることから、ITインフラの運用管理を自動化してコストの低減を図る。

 ドコモは2022年までに、ITインフラの開発・運用コストと作業工数を現在の半分に抑える計画。これにより、通信サービスの品質と価格競争力を維持するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.