ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年07月30日 15時03分 公開

セブン‐イレブン、店員はレジ打ちだけ「お会計セルフレジ」 全国で9月から順次導入

店員がレジ打ちを行い、客が精算を行う「お会計セルフレジ」が、全国のセブン‐イレブン店舗で9月から順次導入。

[ITmedia]

 セブン‐イレブン・ジャパンは7月29日、店員がレジ打ちを行い、客は無人精算機で代金を支払う「お会計セルフレジ」を、9月から全国のセブン‐イレブン店舗で順次導入すると発表した。店員の負荷軽減や、客の会計待ち時間短縮を目指す。

photo セブン‐イレブンが導入する「お会計セルフレジ」

 既存のPOSレジスターを活用し、新たに現金会計用の精算機とカード読み取り端末を設置。店員のレジ打ちで支払い額が確定した後、客は自身で精算機に現金を投入して精算する。キャッシュレス決済の場合も客が決済方法を選択してクレジットカードやQRコードなどを端末に読み取らせる。

photo 客自身が精算を行う

 対応する決済方法は、現金、クレジット/デビットカード、各種バーコード決済、nanaco、交通系電子マネーなど。

 事前に行ったテスト店舗での検証では、セミセルフのレジを使用した場合、1日あたり約7時間分のレジ接客時間を削減できたという。9月から順次導入を始め、2021年8月までに全国の店舗に導入する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.