ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年08月11日 15時00分 公開

セブン-イレブン公式アプリがPayPay対応、7payの代替に 「セキュリティには襟を正す」

セブン-イレブン・ジャパンが、公式アプリ内の決済機能にモバイル決済サービス「PayPay」を採用。セキュリティについては「襟を正して取り組んでいきたい」という。導入は10月以降。

[吉川大貴,ITmedia]

 セブン-イレブン・ジャパンは8月11日、公式スマートフォンアプリ「セブン‐イレブンアプリ」内の決済機能に、モバイル決済サービス「PayPay」を採用すると発表した。PayPayを選択した理由は「過去の実績やセキュリティなどを検討した結果」という。導入は10月以降。全国のセブン-イレブンでの支払いにのみ利用できる。

photo アプリからPayPayを利用する様子

 セブン‐イレブンアプリはかつて、独自の決済機能「7pay」を2019年7月に導入したが、不正利用が相次いだため9月に終了。以降は決済機能を搭載していなかった。同社は「19年の出来事(7pay問題)もあるので、セキュリティについては襟を正して取り組んでいきたい」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.