ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年08月12日 08時44分 公開

Google、Android端末利用のグローバルな地震検知ネットワークを構築

Googleが、Android端末の加速度計を活用するグローバルな地震検知ネットワークの構築を発表した。Google検索結果に最寄りで発生した地震を表示する他、将来的にはこのネットワークに基づく緊急地震警報を表示する計画だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは8月11日(現地時間)、Android端末に搭載されている加速度計を活用するグローバルな地震検知ネットワーク「Android Earthquake Alerts System」の構築を発表した。

 プリンシパルソフトウェアエンジニアのマーク・ストガイティス氏は公式ブログで「今日から、世界のどこにいても、Android端末をEarthquake Alerts Systemの一部にできる。あなたのAndroid端末は小さな地震計になり、他の数百万台のスマートフォンと結合して世界最大の地震検知ネットワークを形成する」と説明する。

 quake 1 ネットワークに基づく警報の例

 観測所に設置するような地震観測システムは非常に高価なので、地球全体を網羅してはいないが、Android端末であれば発展途上な地域でも多数のユーザーが使っている。

 米The Vergeによると、この機能はオプトイン(初期設定は無効で、ユーザーが有効にする)で、データは匿名化されるという。

 この機能を有効にしたAndroid端末が地震らしき揺れを検出すると、検出したおおまかな場所と振動のデータを専用サーバに送信する。サーバに集まったデータの解析で地震が実際に発生しているかどうかを判断する。

 現在は、Google検索で「地震」あるいは「earthquake near me」と検索すると、その結果としてこのネットワークが検出した地震が表示される。

 quake 2 Google検索で「earthquake near me」を検索した結果

 将来的には、各国の当局と協力し、このネットワークに基づく緊急地震警報のようなアラートを表示するようにする計画。この警報は、本格的な揺れが発生するS波の前に発生する人が気づかないP波に基づくもので、S波襲来の数秒前に警告できるという。数秒あれば、机などの下に避難することができる。

 quake 3 Android端末に表示する警報

 既にカリフォルニア州では米地質調査所(USGS)とカリフォルニア州知事の緊急サービス室との協力により、同州で既に提供されている「ShakeAlert」による地震警報にこのネットワークの機能を反映させた。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.