ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年08月13日 14時55分 公開

スマホ連携で音声入力できるスマートマスク ベンチャーがクラウドファンディング開始

スマートフォンアプリと連携するスマートマスクがクラウドファンディング「Makuake」に登場。支援額は4159円(税込)から。

[ITmedia]

 ロボットの開発を手掛けるドーナッツ ロボティクス(東京都港区)は8月13日、スマートフォンアプリと連携するスマートマスク「C-FACE」の開発資金を募るクラウドファンディングをMakuakeで始めた。支援額は4159円(税込)から。支援者には2021年2月末までに発送する。

photo スマートマスク「C-FACE」

 スマホとBluetoothで接続し、文字の音声入力や8か国語の翻訳に対応するマスク型デバイス。市販のマスクの上に装着して使う。C-FACEを装着した人が話した内容を内蔵マイクで聞き取り、専用アプリ上に文字で表示する。

photo 話した内容を内蔵マイクで聞き取り、専用アプリ上に文字で表示

 オプションで8カ国語への翻訳や、会議の議事録を作成する機能も使えるようにする。対応言語は、日本語、英語、中国語、韓国語、スペイン語、インドネシア語、タイ語、ベトナム語。

photo 8カ国語に対応

 サイズは140(幅)×75(高さ)×125(奥行き)mm、重さは約130g。カラーはホワイトのみ。電源はUSB充電式。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、人と人が遠隔でつながることができる製品を目指したという。企業の受け付けや会議、スーパーやコンビニのレジ、病院の診察などでの活用を見込む。

photo
photo 企業や公共施設などでの活用を想定

 目標金額50万円に対し、支援額は13日午後0時45分時点で76万3399円を達成した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.