ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年08月17日 14時45分 公開

全国ドコモショップにモバイルバッテリーシェア「ChargeSPOT」導入 無料充電サービスは終了へ

NTTドコモが、モバイルバッテリーのシェアリングサービス「ChargeSPOT」を全国のドコモショップに順次導入する。

[谷井将人,ITmedia]

 NTTドコモは8月17日、モバイルバッテリーのシェアリングサービス「ChargeSPOT」を全国のドコモショップに順次導入すると発表した。これまで提供していた無料充電サービスは終了する。

photo

 ChargeSPOTはINFORICH(東京都渋谷区)が提供するモバイルバッテリーのレンタルサービス。店舗などに置かれたバッテリースタンドにあるQRコードを専用アプリ(iOS/Android)で読み込むと、Micro USB、USB Type-C、Lightingの接続端子を搭載するモバイルバッテリーを借りられる。借りたバッテリースタンドとは別の場所に返却できるのが特徴。

photo

 料金は1時間150円で、48時間未満は300円、以降は1日150円(いずれも税別)。決済方法はクレジットカードやd払いなどのスマホ決済サービスに対応する。

 2020年6月時点でのバッテリースタンドの設置数は、コンビニや商業施設など国内外で約1万6000台。

 ドコモは2019年3月にChargeSPOTを一部のドコモショップで試験導入していた。「お客さまの利便性向上を実現できた」(同社)として本格導入を決めたという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.