ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年08月26日 17時00分 公開

ルンバ、家具認識や掃除スケジュール提案など追加 挽野社長「アイロボット史上、最大のアップデート」

アイロボットジャパンが、ロボット掃除機「ルンバ」「ブラーバ」のソフトウェアアップデートを公開した。AIの活用で、掃除スケジュールの提案、家具の画像認識、進入禁止エリアを自動で見つけるなどの新機能を追加した。

[谷井将人,ITmedia]

 アイロボットジャパンは8月26日、同社のロボット掃除機「ルンバ」「ブラーバ」のソフトウェアアップデートを公開した。AIを活用し、ユーザーに掃除スケジュールの提案や、センサーを使った家具の認識、進入禁止エリアを自動で見つけるなどの新機能を追加。同社の挽野元・社長は会見で「アイロボット史上最大のアップデート」「本当に掃除を(ロボットに)任せられる時代になる」と自信を見せた。

photo アイロボットジャパンの挽野元・社長

 ロボット掃除機をコントロールする専用アプリ「iRobot HOME」(Android/iOS)も同日から順次アップデート。掃除をする場所や時間、方法をユーザーの生活や掃除機の使い方に合わせてパーソナライズできるようにした。

画像認識で「ソファのまわりだけ掃除」「テーブルの下だけ掃除」

 ルンバ s9シリーズやブラーバ ジェットなどのフラグシップモデルには、光学センサーで取得したデータを基にソファやダイニングテーブルなどの家具を認識する「物体認識機能」を追加した。

photo

 これまでも間取りの認識はできたが、AIによる画像認識技術を活用し、「ソファのまわりを掃除する」「テーブルの下を掃除する」といった掃除場所のピンポイントな設定もできるようにした。物体認識機能は業界初という。

 検出できる家具はソファ、カウンター、ダイニングテーブルのみ。今後のアップデートで他の家具にも対応する予定という。この他、アプリに表示した部屋のマップ上で指定したエリアだけをピンポイントに掃除する「部分清掃エリア」の機能も追加した。

AIが掃除スケジュールを提案

 これまでも搭載していたスケジューリング機能をスマートホーム機器との連携やAIの活用で強化した。アイロボットによると、人はあらかじめ決めた予定とは違う動きをすることも多いため、既存のスケジューリング機能ではスケジュールをキャンセルするユーザーが多かったという。

photo

 今回のアップデートで、スマートホーム機器などと連携して掃除スケジュールを柔軟に変更する「ルーティーン指定」機能を追加した。時間だけでなく「ユーザーが家を出たら実行する」といった行動を基準にしたコントロールをできるようにした。

 ユーザーのロボット掃除機の利用傾向を基に、AIが掃除スケジュールを提案する機能も搭載。例えば「火曜日と木曜日にルンバを使っている」などの傾向を分析し、iRobot HOMEアプリ上で「火曜日と木曜日の夜を掃除スケジュールに追加しませんか?」と提案する。

 この他、掃除ルートのお気に入り機能も追加。例えば、物体認識機能と組み合わせてキッチンとダイニングの掃除をまとめてお気に入り登録すれば、夕食後などに実行ボタンを押してテーブルの下などを指定した通りに掃除できる。

進入禁止エリアの発見、季節に合わせた掃除方法の提案も

 ロボット掃除機が苦手とする、電源コードなどの配線が多い場所などは、これまでも「進入禁止エリア」としてアプリ上で指定できた。

photo

 アップデートにより、掃除の際にルンバが電源コードなどを自動で検知し、一次停止した上でユーザーに「このエリアを進入禁止に設定しませんか?」と提案する機能を追加した。花粉が多い季節やペットの抜け毛が多い季節には、念入りな掃除を提案する機能もあり、場面や時期に合わせた提案をできるようにした。

 それぞれの機能は対応機種が異なる。掃除スケジュールの提案やルーティーン指定機能、季節に合わせた掃除の提案などの機能は全ての製品に対応。その他の機能はルンバ s9シリーズ、ルンバ iシリーズ、ブラーバ ジェット m6にのみ対応している。

photo

 ソフトウェアアップデートは今後2週間をめどに順次行う。今後は3カ月に1度の頻度でアップデートを行い、物体認識できる家具や対応機種機種の拡大などを行うとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.