ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年08月27日 14時31分 公開

ソフトバンク、戸建て向けIoT宅配ボックスの実験 パナソニックらと共同で 20年度内に事業化へ

ソフトバンクが、戸建て住宅を対象としたIoT宅配ボックスの実証実験を行う。スマホアプリとパナソニックなどが開発したIoT宅配ボックスを連携し、2020年度内の事業化を目指す。

[ITmedia]

 ソフトバンクは8月27日、戸建て住宅を対象としたIoT宅配ボックスの実証実験を行うと発表した。専用のスマートフォンアプリと、パナソニックと認証技術ベンチャーのビットキー(東京都中央区)が共同開発したIoT宅配ボックスを連携。サービスの実用性やユーザーの利便性を検証し、2020年度内の事業化を目指す。

photo 実証実験のイメージ。スマートフォンアプリでIoT宅配ボックスを解錠できる

 スマホアプリは、配達日時や状況を確認できる機能やBluetoothで宅配ボックスを解錠できる機能を搭載する。

 ソフトバンクが事業化に向けた検証や、宅配ボックスとスマホアプリを実験参加者に提供。パナソニックが宅配ボックス本体の製造を手掛け、ビットキーがアプリから宅配ボックスを解錠するためのデジタル認証技術を提供する。

 埼玉、千葉、東京、神奈川に在住するソフトバンク社員が対象。期間は9月から11月まで。

 再配達の増加や新型コロナウイルス感染症の拡大で増加した非対面での受け取りニーズに対応。置き配の普及に伴う盗難被害なども問題視されることを受け、「防犯性に高い宅配ボックスが求められている」(同社)としている。

 実験結果を踏まえ、2020年度内に定額制のサービス提供を目指す。集荷など配送会社が提供するサービスとの連携なども視野に入れる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.