ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年09月14日 09時06分 公開

ソフトバンクG、ArmをNVIDIAに約4兆円で売却

ソフトバンクグループがうわさどおりArmをNVIDIAに売却する。NVIDIAが公式に発表した。買収総額は約4兆2500億円。ソフトバンクグループはNVIDIAの主要株主でもある。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米NVIDIAは9月13日(現地時間)、ソフトバンクグループ(SBG)およびSoftBank Vision Fund(以下総称して「ソフトバンク」)から英Armを買収することで正式に契約したと発表した。買収総額は約400億ドル(約4兆2456億円)。ソフトバンクはNVIDIAに出資しており、Armの長期的な成長に引き続きコミットする。

 nvidia

 ソフトバンクは2016年にArmを総額約240億ポンド(約3.3兆円)で買収した。

 ソフトバンクの孫正義社長は発表文で「NVIDIAはArmにとって完璧なパートナーだ。Arm買収以来、われわれは多額の投資を行ってきた。(中略)ソフトバンクはNVIDIAの主要株主として、Armの長期的な成功を支援することを楽しみにしている」と語った。

 Armは買収完了後も拠点のケンブリッジにとどまり、ブランドを維持し、拡大していく計画。オープンライセンスモデルでの運用を続けつつ、ライセンスビジネスによってグローバルな顧客への中立性を維持する。Armの知財は英国に登録されたままになる。

 NVIDIAはケンブリッジに新たなArmブランドのAI研究センターを設立する。このラボで、最先端のAI研究スーパーコンピュータ開発、開発者向けトレーニング、インキュベータ事業に取り組む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.