ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2020年09月17日 06時51分 公開

「Oculus Rift S」は2021年に販売終了へ

Facebookは、スタンドアロン型VRヘッドセット「Oculus Quest 2」発表とともに、PC接続型ヘッドセット「Oculus Rift S」を来年販売終了することも発表した。Oculus Quest 2はOculus LinkでPCに接続可能だ。

[ITmedia]

 米Facebookは9月16日(現地時間)、スタンドアロンVR HMD「Oculus Quest 2」の発表に際し、昨年3月に発表したPRベースの「Oculus Rift S」の提供を2021年に終了する計画を明らかにした。

 rift 1 10月発売の「Oculus Quest 2」(左)と来年終了予定の「Oculus Rift S」

 Facebookは、「今後はスタンドアロンVRヘッドセットにフォーカスする。Rift S終了後、PC接続式ヘッドセットは開発しない」と語った。

 rift 2 Oculus製のケーブルつきヘッドセットはこれで終了

 ただし、RiftプラットフォームはOculus Quest 2に「Oculus Link」を接続することにより、引き続き提供していく。「Lone Echo II」や「Medal of Honor: Above and Beyond」などのハイエンドなVRゲームなどはRiftプラットフォームで快適にプレイできる。

 同社は6月には2018年5月発売の「Oculus Go」の販売終了を発表した。これにより同社もゲームメーカーも、6DoFに集中できるようになると説明した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.