ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年09月29日 13時30分 公開

日本IBM、「IBM Cloud」の大阪リージョン開設

日本IBMが「IBM Cloud」の大阪リージョンを開設。東京リージョンに続き、国内では2カ所目の拠点となる。今後は関西圏の企業や、東京・大阪の両方に拠点を持ちたい企業に、より低遅延のサービスを提供する。

[ITmedia]

 日本アイ・ビー・エムは9月29日、「IBM Cloud」の大阪リージョンを開設したと発表した。東京リージョンに続き、国内では2カ所目の拠点となる。IaaSは同日から提供し、PaaSは2021年にかけて順次提供を始める。今後は関西圏の企業や、BCP(事業継続計画)の一環で東京・大阪の両方に拠点を持ちたい企業に、より低遅延のサービスを提供する。

photo 日本アイ・ビー・エムによる発表

 大阪リージョンは東京リージョンと同様、IBM Cloudの第2世代(Gen2)のアーキテクチャに対応。「選択できるハードウェアの種類が多く、仮想サーバのネットワーク帯域やデプロイ時間などのパフォーマンスも強化した」としている。

 リージョン内に複数のゾーンを設けるマルチゾーン・リージョン (MZR)を採用し、冗長性も高めている。東京や世界各国のデータセンターとは無料で通信できる。

 米IBMグループでは現在、IBM Cloudの提供拠点を世界各国に拡張しており、今後はブラジルとカナダに新規リージョンを開設する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.