ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2020年09月30日 06時59分 公開

非接触手のひら認証システム「Amazon One」、レジなしショップに設置 サードパーティへの販売も

Amazon.comが、非接触の手のひら認証システム「Amazon One」を発表した。まずはレジなしショップ「Amazon Go」に設置する。将来的にはスタジアムの入場券や企業の入退室などへの採用を見込む。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.comは9月29日(現地時間)、手のひらをかざすことで認証する非接触型認証システム「Amazon One」を発表した。まずは同社のレジなしショップ「Amazon Go」数店に配備し、将来的には小売店、スタジアム、企業などのサードパーティに提供していく計画だ。

 one 1 「Amazon One」に手のひらをかざす

 Amazon Oneで使う“手のひら署名”は「手のひらの表面と皮膚下のデータからカスタムビルドのアルゴリズムとハードウェアを使って作成する」としており、一般的な静脈認証とは異なるようだ。

 利用するにはまずAmazon One端末を設置してある店舗に行き、登録する必要がある。登録には、手のひら(両手も登録可)、クレジットカード、スマートフォンの電話番号が必要。Amazonのアカウントは必須ではない(追加すれば、Webサイトで使用履歴を確認できる)。登録は「非常に迅速に」できるとしている。データは暗号化されてAmazonのサーバに保存される。

 one 2 Amazon One端末

 登録が完了したら、例えばAmazon Goの場合は入店時に手のひらを約1秒かざすだけで買い物ができる。スマートフォンを携帯する必要すらない。スタジアムが導入すればチケットは不要になり、企業が導入すればセキュリティゲートに社員証の代わりに手のひらをかざすことで入退室できる。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.