ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年10月02日 18時10分 公開

ホンダ、F1撤退へ 「研究開発に経営資源を重点的に投入するため」

ホンダがF1への参戦を2021年シーズンで終了する。F1撤退の理由は「パワーユニットやエネルギー領域の研究開発に経営資源を重点的に投入していくため」としている。

[ITmedia]

 本田技研工業(ホンダ)は10月2日、自動車レースの最高峰「FIAフォーミュラ・ワン世界選手権」(F1)への参戦を2021年シーズンで終了すると発表した。燃料電池車や電気自動車の開発に経営資源を投入するためという。

photo 本田技研工業の公式Webサイトより

 F1撤退の理由は「パワーユニットやエネルギー領域の研究開発に経営資源を重点的に投入していくため」(同社)と説明。4月に設立した「先進パワーユニット・エネルギー研究所」で燃料電池車(FCV)やバッテリーEV(BEV)などの研究開発に取り組み、二酸化炭素の増加に影響を与えない燃料電池車などの開発に、F1で培ったエネルギーマネジメント技術や燃料技術などを活用していくとしている。

 ホンダは15年からF1に参加。航空機エンジン技術の活用などで、19年シーズンは3勝、20年シーズンは2勝を挙げてきた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.