ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2020年10月05日 19時16分 公開

都のコロナ対策サイトがグッドデザイン賞 開発スピードや民間参加型を評価

東京都の新型コロナ対策サイトが2020年度のグッドデザイン賞を受賞した。開設までのスピード感や市民エンジニアが改善に参加する「シビックテック」の手法を活用した点などが評価された。

[樋口隆充,ITmedia]

 東京都はこのほど、都の「新型コロナウイルス感染症対策サイト」が公益財団法人日本デザイン振興会が主催する2020年度のグッドデザイン賞ベスト100に選出されたと発表した。

 新型コロナの感染が拡大する中、民間団体と連携し、サイト開設までのスピード感や、市民エンジニアがシステム改善に参加する「シビックテック」の手法を採用した点などが評価された。

 一般社団法人コード・フォー・ジャパン(東京都文京区)が制作した都のコロナサイトは新規陽性者数や重症患者数、PCR検査数などをグラフで表示しているのが特徴。視覚的に感染状況の変化を見られる。

photo 都の「新型コロナウイルス感染症対策サイト」

 ソースコードはGitHubで公開されており、無料で利用することや、市民エンジニアがシステムの修正に参加できるのも特徴で、台湾の唐鳳(オードリー・タン)デジタル担当大臣が改善に参加したことも話題になった。

 現在、53府県市で都のコロナ対策サイトのソースコードを活用したサイトが存在する。そのうち、10府県市は行政が公式サイトとして運用している。

 都のコロナ対策サイトの開発チームを指揮した宮坂学副知事は、自身のTwitter公式アカウントで「コロナ関連の情報関係はFAX問題やher-sys対応(情報集約システム)などまだまだ課題もあるが、引き続き日々改善していく」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.