ITmedia NEWS >
ニュース
» 2020年10月14日 07時34分 公開

「iPhone 12/mini/Pro/Pro Max」は何が変わった? 11シリーズ+SE 2との比較まとめ (2/4)

[井上輝一,ITmedia]

 アウトカメラは11から引き続き広角と超広角のデュアル構成。広角の開口部がF1.6と明るくなった(11はF1.8)。また、米GoogleがAndroidスマートフォン「Pixel 4」の発表の際に唱えた、計算性能によって写真を撮影する概念「コンピューテーショナル・フォトグラフィー」をAppleも提唱。これにより、12シリーズの広角レンズと超広角レンズで夜景を明るく撮影する「ナイトモード」や、白飛び・黒つぶれを抑えて撮影できる「スマートHDR 3」などの機能を搭載できたとしている。

 全モデルで防水性能も進化。IP68等級で「水深6mで最大30分間の耐水性能がある」としている。従来モデルもIP68等級ではあったが、iPhone 11は水深2mまで、11 Pro/Pro Maxは水深4mまでだった。

 全モデルに搭載された機能としては、ワイヤレス充電規格「MagSafe」もある。これはiPhoneの背面にマグネットを内蔵することで、対応ワイヤレスチャージャーが所定の位置にぴったりとくっ付き、安定的に無線充電を可能とするもの。ワイヤレスチャージャーの他にクレジットカードなどを入れられるカード入れなど、対応アクセサリーを装着することもできるとしている。

iPhone 12の背面にリング状の磁石などを内蔵
対応ワイヤレスチャージャーやアクセサリーを背面に装着できる
MagSafe対応アクセサリーは今後も増える見込み

 iPhone 12の価格はiPhone 11の発表時から値上がり。iPhone 11 64GBは7万4800円だったが、iPhone 12 64GBは8万5800円で1万1000円の値上げ。128GB、256GBモデルも同じく1万1000円の値上げとなっている。さらに今回、AppleはiPhone 11を1万円値下げして6万4800円からとしたため、iPhone 12は現時点でiPhone 11より2万1000円高い。

iPhone 12とiPhone 11のスペック比較

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.