ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年11月18日 00時00分 公開

映画「鬼滅の刃」、台湾でアニメ作品の興収歴代1位に 公開わずか17日で

台湾で映画「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」が、3億6000万台湾ドル(約13億円)という興行収入を記録し、アニメーション映画としては歴代1位になった。16日に現地メディアが報じた。

[ITmedia]

 台湾で映画「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」が、3億6000万台湾ドル(約13億円)の興行収入を記録し、アニメーション映画として歴代1位になった。11月16日に現地メディアが報じた。

台湾の大手ニュースサイト「ETtoday」も報じた

 これまで台湾で公開したアニメーション映画の興行収入1位は「アナと雪の女王2」で約3億4300万台湾ドル。鬼滅の刃は公開から17日間でこれを上回り、実写を含む日本映画としても歴代1位になったという。

 台湾では日本より2週間ほど遅れて10月30日に封切り。一部の映画館は多くのスクリーンを鬼滅の刃に割き、中には初日に57回も上映した劇場もあった。

 日本では10月16日に公開し、11月15日までの1カ月(31日間)で累計1750万5285人が劇場に足を運んだ。興行収入は233億4929万1050円となっている。

「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」© 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.