ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年11月24日 20時13分 公開

ブロックを組み立てるロボットキット「MAUNZI」、+Styleで取り扱い開始 レゴブロックも使える

+Styleがブロック組み立て式のロボットキット「MAUNZI」(マウンジ)の取り扱いを始めた。ロボットは専用アプリで操作やプログラミングが行える。

[ITmedia]

 IoT家電の通販サイト「+Style」を運営するプラススタイルは11月24日、ブロック組み立て式のロボットキット「MAUNZI」(マウンジ)の取り扱いを始めた。価格は3万6000円(税込)から。

ブロック組み立て式のロボットキット「MAUNZI」(マウンジ)

 「キューブ」と呼ばれる四角いブロックを組み合わせ、様々な形状のロボットが作れるブロック玩具。完成したロボットは専用アプリの「MAUNZI RC」(iOS、iPad OS、Android)で操作やプログラミングが行える。

「MAUNZI RC」の画面

 キューブには、ロボットの動力となる「モーターキューブ」を始め、コントロール部の「ウィンドウキューブ」、細かい角度調節が行える「関節キューブ」、LEDを内蔵した「ライトキューブ」などがあり、これらを組み合わせてホイールなどを取り付ければ完成。手持ちのレゴブロックをロボットのデコレーションなどに使えるという(オープンライセンスのレゴブロック完全互換)。

 対象年齢は6歳以上。ブロックの角を丸くし、素材には口に入れても無害なシリコンやABSを採用するなど安全性に配慮した。

 MAUNZIを開発、製造元は韓国のGOLDRABITT。日本では山形市に本拠を置くAV機器や日用雑貨のメーカー、AJAX(アイアス)が販売している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.