ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年12月01日 15時09分 公開

Apple、App Store担当幹部としてアプリ企業支援VCのジョシュ・エルマン氏を採用

App Storeのガイドラインで開発者からも規制当局からも批判されているAppleが、アプリストア担当幹部として多数のアプリ企業の取締役経験を持つVC、ジョシュ・エルマン氏を迎えた。

[ITmedia]

 米ベンチャーキャピタルGreylock Partnersのベンチャーキャピタリスト、ジョシュ・エルマン氏は11月30日(現地時間)、米Apple入りすると10連投ツイート(記事末に転載)で発表した。「App Storeに取り組み、顧客が自分に最適なアプリを見つけられるように支援」するために、現在従事している複数の企業の取締役や幹部の職から退き、VCとしての活動も休止する。

 josh ジョシュ・エルマン氏

 同氏のLinkedInによると、発表段階でDiscord、Medium、Mammoth Mediaの取締役だった。株投資アプリRobinhoodの副社長も務めていた。

 また、現在Appleと係争中のEpic Gamesに買収されたHousepartyや、中国Bytedanceに買収され、後にTikTokに統合されたMusical.lyの取締役の経験も持つ。

 Appleは現在、Epicだけでなく、FacebookBasecampなどからApp Storeのガイドラインについて批判されており、11月にやや対応を軟化させた。同社はまた欧州委員会から、アプリストアが独禁法に触れていないか調査されており、米議会もティム・クックCEOを公聴会に召喚した。

 エルマン氏は「最近、大学時代の履歴書をみつけたら、キャリア目標は『人々の生活を変える優れたテクノロジーを生み出すこと』だと書いてあった。今でも同じだ」とツイートしている。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.