ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年09月25日 09時56分 公開

Epic、Spotifyら、Apple税などアプリストアのルール“改善”のための連合結成

Appleを独禁法でそれぞれ提訴しているEpic GamesとSpotifyを含む複数のアプリメーカーが、App Storeのルール改善を求める連合「Coalition for App Fairness」を結成した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 「フォートナイト」の米Epic GamesやスウェーデンSpotifyなど、米Appleのアプリストア(App Store)のガイドラインに不満を持つ複数のアプリメーカーが9月24日(米国時間)、アプリストアにおける公平性を実現するための連合「Coalition for App Fairness」を立ち上げたと発表した。

 coalition 連合のWebサイト「Appleは消費者に税金を課し、イノベーションを破壊している」

 EpicとSpotifyはそれぞれ、Appleを独禁法違反で提訴している。この非営利の連合は、AppleのApp Storeについて、別途申し立てる計画。また、“Appleが受け入れ可能な”App Storeのあるべき原則も提示した。

 coalition 2 アプリストアの10原則

 立ち上げメンバーには2社の他、出会い系アプリ「Tinder」のMatch Group、「HEY Email」のBasecamp、Tile、Blockchain.comなどが名を連ねた。

 coalition 3

 連合は「消費者の選択を保護し、競争を促進し、世界中のすべてのアプリとゲームの開発者のための平等な競争環境を構築することを目指すあらゆる規模の企業を歓迎する」と加入を勧めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.