ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年12月04日 19時16分 公開

Facebook Japan、デジタルリテラシーの教育プログラムを開始 SNSとの向き合い方などを生徒に授業

Facebook JapanがSNSとの向き合い方などデジタルリテラシーの向上を目的にした教育プログラム「みんなのデジタル教室」を始めた。

[ITmedia]

 Facebook Japanは12月3日、SNSとの向き合い方などデジタルリテラシーの向上を目的にした中高生向けの教育プログラム「みんなのデジタル教室」を始めた。これまで、グローバルで展開していた事業を日本に導入した。

 みんなのデジタル教室は、コロナ禍でのオンラインサービスの利用機会増加などを背景に、米Facebookが各国で展開している教育プログラム。同社のパートナー団体の指導の下、SNS上で活躍するクリエイターのインタビュー映像などを活用し、中学生と高校生向けに、SNSを適切に活用するポイントやセキュリティの保護などについて教える。

 初回講義としてFacebook Japanは自由ヶ丘学園高校(東京都目黒区)で授業を実施。同社の社員らがデジタル上の個人情報「デジタル・アイデンティティー」などについて講義した。授業には同校の1年生の生徒18人が参加した。

photo 授業を受講した生徒

 年内にアジア太平洋地域8カ国で、200万人が同プログラムを受講予定。日本国内では2021年夏までに1500人の受講を目指す。同社は「利用者の皆さまに安心・安全にプラットフォームを利用いただくことが重要になっている。これからも専門家やパートナー団体との協力の下、機能の開発・提供や啓発活動に注力していく」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.