ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年11月18日 13時40分 公開

TwitterとFacebookのCEO、大統領選をめぐる公聴会で「投稿ルールの見直しは必要」

米上院司法委員会が17日に開催した米大統領選中の投稿に関する公聴会で、Twitterのジャック・ドーシーCEOとFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOがリモートで証言した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米上院司法委員会は11月17日(現地時間)、米Twitterのジャック・ドーシーCEOと米Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOを召喚した「Breaking the News: Censorship, Suppression, and the 2020 Election(ニュース速報:検閲、抑圧、そして2020年の選挙)」というテーマの公聴会を開催した。2人のCEOはリモートで自宅からの参加だ。

 hearing 1

 約4時間の公聴会の主なテーマは、米大統領選前後のTwitterとFacebookでの誤情報対策。両社を含む主なプラットフォーマーは8月、大統領選を守るために団結するとしていた

 議長のリンゼー・グラハム議員(共和党)は、セクション230の改定について呼び掛けることで公聴会を開始した。同氏は、両社がNew York Postの記事の投稿を非表示にしたことに触れ、「あなた方は究極の編集者だ」と語った(セクション230は、プラットフォームはメディアではないので投稿についての責任を問われない、というもの)。

 共和党議員らは主に、共和党の投稿に偏ってラベルを付けていると指摘し、ポリシーに透明性をもたせるよう主張した。

 ドーシー氏とザッカーバーグ氏は、今回の選挙で多数の投稿にラベルを付けたことは、幾つかのミスはあったが成果があったと語った。

 ドーシー氏は、「われわれは、可能な限り多数の人々が参加できるようにすると同時に、会話の健全性を高める必要がある」が、限界も感じていると語った。

 hearing 2 Twitterのジャック・ドーシーCEO

 ザッカーバーグ氏は「選挙に関する情報と投稿についてわれわれは真摯に対応し、うまくいったと思う」と語ったが、ルールの見直しは必要だと認めた。

 hearing 3 Facebookのマーク・ザッカーバーグCEO

 セクション230については、いずれのCEOも改定の必要性を認めた。ドーシー氏は証言原稿で「セクション230を完全に排除しても懸念に対処できず、憲法修正第1条と異一致することもない」とし、改定は慎重に進めるべきだと語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.