ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年12月15日 17時20分 公開

今必要なお肌の手入れ、スマホとAIで分析 20年後の顔の予測も

オルビスがAIを活用して20年後の顔の状態を予測し、肌の手入れ方法を提案するサービスの提供をスマホアプリや店舗で始めた。

[ITmedia]

 化粧品メーカーのオルビスは12月15日、AIを活用して20年後の顔の状態を予測し、肌の手入れ方法を提案するサービス「AI未来肌シミュレーション」の提供を始めた。スマートフォンアプリ(iOS/Android、無料)や店舗で利用できる。

photo
photo スマートフォンアプリや店舗で利用できる「AI未来肌シミュレーション」

 スマホで撮影した顔写真を基に、アプリ上で肌のシミ、シワ、たるみ、毛穴、くまなど10項目を5段階で評価する。肌診断の結果とユーザーが答えた生活習慣や肌の手入れ状況などの回答をAIが解析し、5、10、20年後の顔立ちを予測する。結果に基づき、必要なケアやおすすめのアイテムを提案する。

photo 5、10、20年後の顔立ちを予測

 店舗では専用のスキンチェック機器を使って肌状態を分析し、その結果を基に顔立ちの予測を行う。利用は無料。全国のオルビスショップ6店舗で提供し、順次拡大するとしている。

photo 店舗ではスキンチェック機器を使って分析

 「自分の肌の状態が分からない」「肌の悩みに合ったケアが知りたい」といったユーザーの声に対応したサービス。これまでもオルビスはAIを活用し、スマホでパーソナルカラー診断ができるサービスや、似合う眉の形などを提案するサービスを提供。今後もAIなどを活用したサービスの開発に取り組むとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.