ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年12月21日 14時45分 公開

「料金プラン見直して」──総務省、携帯電話契約のポータルサイトを公開

総務省が、携帯電話の料金プランを確認するよう国民に呼び掛ける「携帯電話ポータルサイト」(暫定版)を公開した。

[ITmedia]

 総務省は12月21日、携帯電話の料金プランを見直すようユーザーに呼び掛ける「携帯電話ポータルサイト」(暫定版)を公開した。

photo 総務省が公開した「携帯電話ポータルサイト」(暫定版)

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの大手キャリア4社(MNO)のユーザーで40%以上が、月間データ通信量の上限が20GB以上のプランを契約している一方、実際に20GB以上を使っているユーザーは10%しかいないと総務省は指摘。

 必要以上の大容量プランを契約している他、実際の利用目的よりも高性能、高額なスマートフォンを使っている可能性があるとして、月々のデータ使用量や料金を確認し、適切な料金プランや事業者を選ぶようユーザーに促している。

 サイトではLINEモバイルやmineoなどMVNOについても言及。「MNO以外もさまざまな会社が安価で便利なサービスを提供している」として、事業者を選ぶ参考とするよう呼び掛けている。またMNP転出、SIMロック解除、端末の購入方法などをまとめたリンク集も紹介している。

photo MNP転出方法などをまとめたリンク集も公開

 総務省は10月、携帯料金引き下げなどに向けたアクションプランを発表。ユーザーの理解促進に向け、2020年中に事業者間の乗り換え方法などをまとめたWebサイトを開設するとしていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.