ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2021年01月13日 12時52分 公開

AIで“空”の画像を自動変換 夕焼け→虹、曇り空→オーロラなど 商用利用OK

写真素材サイトを運営するACワークスが、AIを活用し、ユーザーがアップロードした画像の空の部分を置き換える無料サービスを公開した。

[ITmedia]

 写真素材サイトを運営するACワークスは1月13日、ユーザーがアップロードした画像の空の部分を置き換える無料サービス「空AC」を公開した。画像をアップロードした後、サイト内に用意された空の画像を選ぶと、AIが画像を自動変換する。

photo 画像の空の部分を置き換える無料サービス「空AC」

 空を置き換えた画像は、無料でダウンロードできる。画像の改変や編集、Webサイト、映像、ゲーム、広告などの商用利用も可能。

 AIの活用によって、画像内の空の部分を自動で識別し、別の画像の空に置き換える。画像認識に特化したディープラーニングの手法「U-Net」を用いることで、少ない学習データでも画像の認識が正確にできる仕組みを構築したという。

photo 筆者が試しに夕陽の画像をアップロード
photo 置き換える画像を選択。自分の画像をアップロードすることも可能
photo 夕陽の画像に虹が出現

 これまでは画像内の空を別の画像の空に置き換える場合、米Adobeの「Photoshop」などを使って空の部分を手動で切り取り、もう一方の画像の空を合成する必要があった。モバイルアプリ「Photoshop Camera」にはプリセットの空に置き換える「ブルースカイ」レンズエフェクトがあるが、利用できる空の種類は限られている。空ACを使うことで画像編集の知識がなくても時間をかけずに、さまざまな空の画像の置き換えができるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.