ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2021年01月22日 17時00分 公開

政府、「ラブライブ!サンシャイン!!」とコラボ サイバーセキュリティ月間で

内閣サイバーセキュリティセンターが、アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」とコラボレーションする。

[ITmedia]

 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は1月22日、啓発キャンペーン「サイバーセキュリティ月間」(2月1日〜3月18日)で、アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」とコラボレーションすると発表した。若年層はじめ幅広い世代に、サイバーセキュリティへの関心を持ってもらうことを目指す。

 「みんなで叶えるセキュリティ!」をテーマに、物語の主人公・高海千歌などキャラクターを起用した啓発用ポスターを制作。全国の関係機関で掲出し、サイバーセキュリティ月間の周知を図る。特設サイトを開設し、2月中旬から3月中旬までオンラインで啓発イベントを配信する。詳細は後日発表する予定。

photo

 同アニメは静岡県沼津市の高校が舞台。主人公・高海千歌を中心とした9人の少女が、統廃合の危機が迫る学校を盛り上げるためにスクールアイドルとなり、全国大会「ラブライブ!」での優勝を目指す。

 作品の「みんなで叶える物語」という内容を踏まえ、コラボ企画のテーマを「みんなで叶えるセキュリティ!」に決定した。NISCは「サイバーセキュリティは全員参加で意識、理解を深め、実現することが重要という趣旨を表した」と説明。加えて「学校生活という日常が舞台であることから、サイバーセキュリティを身近な事として考えてほしいという思いも込めた」としている。

 これまでのサイバーセキュリティ月間では、「攻殻機動隊 S.A.C.」(2016年)、「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」(17年)、「BEATLESS」(18年)、「約束のネバーランド」(19年)、「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」(20年)とコラボ企画を行ってきた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.