ITmedia NEWS >
ニュース
» 2021年01月22日 17時50分 公開

ソフトバンク、基地局の施工期間を6日→2時間に エリア拡大を高速化

ソフトバンクが、5Gアンテナの設置に掛かる時間を6日から2時間に短縮する施工方法を開発した。既存のアンテナ支柱を再利用し、コストを抑えながら5Gのエリア展開を迅速化する。

[今藤祐馬,ITmedia]

 ソフトバンクは1月22日、5Gアンテナの設置に掛かる時間を6日から2時間に短縮する施工方法を開発したと発表した。既存のアンテナ支柱を補強して再利用することで、コストを抑えながら5Gのエリア展開を迅速化する。

photo

 既存のアンテナ支柱の内部に、NEXTWAY(東京都中央区)が開発した強度の高い素材「ポリマテリアル」を充填(じゅうてん)。強度を平均1.37倍に高める。これまで5Gアンテナを設置する際には、既設の支柱を交換する必要があったが、今回の施工方法では4Gアンテナの支柱を再利用でき、工期と施工コストが大幅に削減される見込み。

photo

 ソフトバンクは1月から順次、5G基地局のアンテナ設置工事に今回の施工方法を導入する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.