ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年02月01日 18時46分 公開

シャープのマスク、「ふるさと納税」の返礼品に

シャープが三重工場で製造している不織布マスクが三重県多気町のふるさと納税(ふるさと応援寄附金)の返礼品に採用された。

[ITmedia]

 シャープは2月1日、三重工場で製造している不織布マスクが三重県多気町のふるさと納税(ふるさと応援寄附金)の返礼品に採用されたと発表した。寄附金5500円あたり1箱(30枚入り)のマスクが届けられる。

シャープの不織布マスク(写真はちいさめサイズ)
多気町のふるさと納税の概要

 シャープは1995年に三重工場を稼働。液晶パネルを生産していたが、マスク不足が深刻になった2020年2月に日本政府の要請を受け、工場内のクリーンルームで不織布マスクの生産を始めた。これまでに1億5000万枚を超える不織布マスクを生産している。

20年11月に出荷枚数1億枚を突破。工場内でささやかなセレモニーを行った

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.