ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年02月03日 16時13分 公開

Oculus、審査なしでVRアプリを販売できるサービス 非公式ストアとも連携

Oculusが、「Oculus Quest」用アプリを「Oculus Store」外で配信できるサービス「App Lab」を始めた。開発者は有料・無料を問わず、専用サイトから配布用ページを生成できる。

[今藤祐馬,ITmedia]

 米Facebook傘下のOculusは2月2日(現地時間、以下同)、VRヘッドセット「Oculus Quest」用アプリを同社のVRコンテンツストア「Oculus Store」外で配信できるサービス「App Lab」を始めた。開発者は有料・無料を問わず、専用サイトから配布用ページを生成できる。公開したアプリを非公式ストア「SideQuest」に掲載する機能も備える。

photo ページ生成のイメージ

 ページの生成に当たって審査は行わず「個人への嫌がらせを目的としていない」「わいせつな内容を含まない」などOculusが定めたガイドラインに沿ったアプリのみ配信を認める。Oculus Storeと同じく、アプリの自動アップデートやインストール回数を分析する機能も備える。

 Oculusによれば、すでに12のアプリがApp Labを介して提供されているという。Oculus Quest向けアプリを巡っては、Facebookによる審査に時間がかかることから、SideQuestでアプリを配信・入手するユーザーが増えていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.