ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年02月08日 15時08分 公開

AIで泳ぎの映像を自動編集、スイミング上達に活用 ルネサンスが水泳教室で新サービス

ルネサンスが、AIが自動編集した映像を子供の泳ぎの上達に役立てるサービスを発表。映像はプールにカメラを設置して撮影し、専用ページを通して保護者に配信する。

[吉川大貴,ITmedia]

 スイミング教室の運営などを手掛けるルネサンス(東京都墨田区)は2月8日、AIが自動編集した映像を子供の泳ぎの上達に役立てるサービスを発表した。映像はプールに複数のカメラを設置して撮影し、編集後に専用ページを通して保護者に配信する。

 AIはソニーネットワークコミュニケーションズと協力して開発。独自のアルゴリズムにより、水面の揺れや光の反射の影響を受けずに人物を認識して映像を編集できるという。プライバシーを保護するため、被写体以外の人物を自動で判別してぼかしを入れる機能も備える。

photo 編集した映像や専用ページのイメージ

 ソニー製のリモートカメラや4K映像に対応した水中カメラなどを利用。進級テストでの水泳の様子を撮影し、AIの編集後にコーチからのコメントやテストの結果と合わせて専用ページに掲載する。

 泳ぎ方の見本を動画で見せるサービスや、プール内にタブレット端末を設置して子供が自身のフォームをレッスン中に確認できるサービスと合わせた「スマートスイミングレッスン」として提供する。

photo スマートスイミングレッスンのイメージ

 スマートスイミングレッスンは全国約80カ所の子供向け水泳教室「ルネサンスジュニアスイミングスクール」で6月をめどに提供を始める予定。将来は大人やベビー向けの教室での導入も検討する。サービスの価格は未定という。

 ルネサンスは2017年にもソニーネットワークコミュニケーションズと協力し、ICTを活用したテニスの指導サービスを提供している。ルネサンスの岡本利治社長は今回のサービスを開発した背景について「テニスのサービスが好評だったことから、水泳でも同じ取り組みが出来ないか進めていた」と説明している。

 ソニーネットワークコミュニケーションズは「ルネサンスの協力を受けて開発した技術だが、要望があれば他社のスイミングスクールにも展開していきたい」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.