ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2021年02月16日 14時20分 公開

津波の浸水被害をリアルタイム予測するAI、富士通が富岳で開発 一般PCで動作

富士通研究所が、津波による沿岸部の浸水状況を高精度かつリアルタイムに予測するAIを開発したと発表した。教師データの作成と学習にスーパーコンピュータ「富岳」を活用しており、予測は一般的なPCでも数秒で実行できるとしている。

[雪城あさぎ,ITmedia]

 富士通研究所は2月16日、東北大学災害科学国際研究所、東京大学地震研究所と共同で、津波による沿岸部の浸水状況を高精度かつリアルタイムに予測するAIを開発したと発表した。教師データの作成と学習にスーパーコンピュータ「富岳」を活用しており、予測は一般的なPCでも数秒で実行できるとしている。

photo

 富岳で津波の発生パターンをシミュレーションし、2万件の教師データを作成。沖合における津波の波形と沿岸部の浸水状況の関係をAIに学習させた。開発したAIは一般的なPCでも動作し、津波による浸水状況を3m単位の精度でリアルタイムに予測できるという。

photo

 これまでの浸水予測では、災害の発生時にスーパーコンピュータを使う必要があり、システムの構築や運用が困難だったという。今後は、実用化に向けて予測精度の評価を進め、防災に役立てるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.