ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2021年03月08日 19時15分 公開

リコー、裸眼で全方位から見られる立体映像装置を開発 22年度の実用化目指す

リコーが、全方向から裸眼で立体映像が見られる投影装置を開発したと発表した。回転スクリーンに真下から光を当て、光の残像で立体映像を表示する。

[谷井将人,ITmedia]

 リコーは3月8日、全方向から裸眼で立体映像が見られる投影装置を開発したと発表した。独自開発した回転スクリーンに真下から光を当て、光の残像で立体映像を表示する仕組み。

 表示できる立体映像のサイズは最大で20cm(直径)×25cm(高さ)。画素数は約3億7000万ボクセル(1ボクセルは1辺の長さが1ピクセルの立方体)。動画のカラー表示もできる。3D酔いを起こさずに立体映像を投影することにこだわったという。

photo
photo

 3月から「WARPE」(ワープイー)ブランドとしてビジネスパートナーを募集。2021年度中にデジタルサイネージとして実証実験を行い、22年度の実用化を目指す。将来的にはビジネスや教育、エンターテインメントなどの分野での利用を見込んでいる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.