ITmedia NEWS > AI+ >
ニュース
» 2021年03月31日 08時20分 公開

ヴィーガンの思想を優しく体験できる「東京ヴィーガン餃子」 彼らが目指す完全自動キッチンカーの姿食いしん坊ライター&編集が行く! フードテックの世界(1/3 ページ)

Webサイト制作、ルーター/スイッチングハブソフト、Bluetooth MIDIキーボードの企業を立ち上げてきた人物が次に取り組んでいるのはなんと、餃子だ。

[武者良太,ITmedia]

 食品業界において浸透しつつあるヴィーガンの思想。(実践不可能ではない限り、という但し書きはつくが)全ての食材から油脂に至るまで、肉・魚・卵・乳製品・蜂蜜など、動物由来の原材料を使わない、摂取しないことを目的としたメニューが増え続けている。

 日本、そして米国で複数のIT企業を起業してきた吉川欣也さん率いるREPUBLI9(リパブリック、東京都渋谷区)が展開する「東京ヴィーガン餃子」もその1つだ。食べられるものが異なる家族が全員で楽しく同じものを食べたいという思いから、野菜と大豆を駆使したヴィーガン餃子を開発。通信販売で栄養バランスに優れた餃子を提供している。

photo 東京ヴィーガン餃子

 吉川さんがなぜ新たな会社の軸となるビジネスにヴィーガン餃子を選んだのかを尋ねると、4人のお子さんのうち2人がヴィーガン・ベジタリアンとなって、同じ食卓で同じメニューを食べるのが難しくなってきたからだという。テクノロジー、オープンソース、自律走行車など、興味深いワードも次々と出てきた。いったいどういうことなのだろうか?

Republi9代表取締役社長 吉川欣也氏

1990年にベンチャーキャピタルに入社。91年にインターネットと出会い、95年にデジタル・マジック・ラボを設立し多くの企業のWebサイトを構築。99年にはシリコンバレーでルーター/スイッチングハブ用ソフトウェアメーカーのIP Infusionを設立。2008年にはBluetooth MIDI規格を生んだ楽器メーカーMiseluを立ち上げ、「餃子で家族をつなぎ、世界を笑顔で包む」ことをミッションとしたREPUBLI9を2019年11月に創業する。


photo シリコンバレー在住のシリアルアントレプレナー、吉川欣也氏にZoom取材した

100年後1000年後に続く餃子のプラットフォーム化

 REPUBLI9が立ち上がったのは、世界がコロナ禍に覆われる前の2019年11月だ。日本、米国、そして中国を見てきた吉川さんは、コロナ以前から食を取り巻く世界が変わってきていたと話す。

 「お取り寄せとかUber Eatsなどで、自宅などでおいしいものを食べるという流れができていました。また安全食や培養肉といった食材も増えていました。私自身ITの業界にいて、スマート冷蔵庫とかスマート調理器といった最新の家電の変化を見てきましたし、B2Bだとフードトラックの進化、クラウドキッチンの普及、自動販売機のIT化といった流れも目の当たりにしてきました」(吉川さん)

 最新のテクノロジーを使ったサービスやハードウェアの注目度が、コロナ禍でより高まることになったのだが、吉川さんはその一歩手前の時期にヴィーガン餃子の販売に着手した。なぜ餃子なのか。そこには餃子のルーツを調べていく中で感じた餃子というフォーマットの自由度の高さがあった。

 「歴史上、初めて餃子を作ったのは、1800年前に中国で医者をしていた張仲景さんです。彼は漢方の体系を整理した人でもあり、彼のおかげで漢方が世界中に伝わっていきました。つまり、張さんはオープンソースのはじまりみたいな人だったんですね。また彼の当時の餃子はタンパク質としてラム肉を使い、唐辛子や漢方を混ぜた、凍傷を治す効果のある薬膳でした。医食同源という言葉がありますが、必要に応じた栄養素を組み合わせやすい餃子ってとてもいいフォーマットだと思ったんです」(吉川さん)

 野菜は芯まで使う。細かく刻むから硬い芯でも、柔らかく食べられるし消化もいい。消化がいいってことは、お年寄りでも、まだ歯が生えきっていない子どもでも食べられる。

 ヴィーガン仕様としたのも、100年後1000年後に続く餃子のプラットフォーム化を考えたときに、将来の人間が畜産物を食べている姿が想像できなくなったからだという。

 「火星に住む時代になったとき、火星で豚や牛を育てて、餃子を作って食べているというイメージが無くなってきたんですね。僕がおじいちゃんになったとき、孫たちに「この豚、食べるんだよ」と説明できるかなという疑問も出てきた。だったらプラントベースでやればいいじゃないかと考えたのです」(吉川さん)

 ビジネス面においてもヴィーガン餃子には可能性がある。日本の菜食を好む“ゆるベジ”な人々はは500〜600万人いるといわれており、世界に目を向ければもっと多くの人々がターゲットとなる。特に若い人たちの食に対する意識が高くなってきている。

photo ベジタリアン人口の推移
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.