ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年04月14日 18時49分 公開

キヤノン「EOS R3」開発発表 初の視線入力機能搭載、プロ仕様のフルサイズミラーレス

キヤノンは4月14日、プロカメラマンやハイアマチュア向けのミラーレスカメラ「EOS R3」の開発を表明した。

[ITmedia]

 キヤノンは4月14日、プロカメラマンやハイアマチュア向けのミラーレスカメラ「EOS R3」を開発発表した。製品コンセプトは「高速・高感度・高信頼性」。発売時期や価格は明らかにしていない。

「EOS R3」

 EOSシリーズで初めて自社開発の35mm(フルサイズ)裏面照射積層CMOSセンサーを搭載。電子シャッター撮影時はAF/AE追従しながら最高で約30コマ/秒の高速連写を可能にするという。

 AFトラッキングは、各画素が撮像と位相差AFの機能を持つ「デュアルピクセル CMOS AF」やディープラーニング技術を活用したアルゴリズムで人の顔や瞳の検出精度を向上。新たに胴体の検出も可能にする他、「認識可能な追尾被写体はさらに追加予定」という。

 視線入力機能の搭載もキヤノンのデジタルカメラでは初。ファインダーを覗いている瞳の動きを検知し、見ている位置にAFポイントを移動させる。マルチコントローラーよりもすばやくAFフレームを操作できるという。

 ボディは縦位置グリップ一体型。「EOS-1」シリーズと同等の防じん・防滴性能を備える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.