ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年04月23日 12時04分 公開

Epic Games、PCゲームストアで「Spotify」など一般アプリを販売

米Epic Gamesが、「Epic Games Store」で、ゲーム以外のアプリの販売を始めた。まずは「Spotify」など6種類を配信。順次アプリを追加する。

[ITmedia]

 米Epic Gamesは4月22日(現地時間)、PC向けのゲーム配信プラットフォーム「Epic Games Store」で、ゲーム以外のアプリの販売を始めた。まずは「Spotify」やWebブラウザ「Brave」(いずれも無料)など6種類を配信。順次アプリを追加する。

 現在はSpotifyやBraveに加え、インディーゲームのマーケットプレース「itch.io」(無料)、3Dモデル作成ツール「KenShape」(380円)、ペイントツール「Krita」(980円)を配信。北米ではWebラジオサービス「iHeartRadio」も提供している。今後はゲーマー向けのチャットツール「Discord」などを追加するという。

 Epic Gamesと配信プラットフォームを巡っては2020年8月、同社のゲーム「Fortnite」(フォートナイト)のiOS版で、米Appleが定める30%の手数料を回避する割引キャンペーンを実施。ゲーム内の有料アイテムをApp Store外で販売した。

 しかしこのキャンペーンがガイドラインに反するとして、AppleはApp Storeからフォートナイトを削除。これを受けたEpic Gamesは、Appleが独占禁止法に違反しているとして、同社をカリフォルニア北部地区連邦地裁に提訴した。

 9月にはApp Storeのガイドラインに不満を持つスウェーデンSpotifyなど12社と共同で、プラットフォームにおける公平性を実現するための連合「Coalition for App Fairness」を設立した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.