ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年04月26日 11時50分 公開

「まるで真横に運転士」伊豆急運転台の景色、360度VRで 女性運転士の姿や音声も収録 

伊豆急行の列車の運転席からの風景を、360度VRで再現したコンテンツ「伊豆急 リゾート21・黒船電車 運転席VR」発売。女性運転士の音声や運転の動きも収録しており、「まるで真横に運転士がいるような臨場感」が味わえるという。

[ITmedia]

 伊豆急行の列車の運転席からの風景を、360度VRで再現したコンテンツ「伊豆急 リゾート21・黒船電車 運転席VR」が5月11日に発売される。

 “黒船電車”の運転台から、伊豆の景色や運転席の様子を1時間にわたって撮影。女性運転士の音声や運転の動きも収録しており、「まるで真横に運転士がいるような臨場感」が味わえるという。

,YouTubeの紹介映像
画像 YouTubeの紹介映像より。視点を変えて360度楽しめる
画像
画像
画像
画像 予告サイトより

 「リゾート21 黒船電車」は、海を向いたパノラマシートや展望車両を備え、黒船に見立て塗装した、全国でも珍しい黒色の列車だ。

 映像は、伊豆急下田駅(静岡県)から伊東駅(同)までの約1時間を、8K画質、360度で撮影したもの。

 伊豆の海や山、満開の河津桜、温泉の湯煙など、伊豆ならではの景色を収録し、まるで伊豆に行ったかのような仮想旅行が楽しめる他、女性運転士の機敏な運転の様子や喚呼の声、車掌のアナウンスなど実際の車内の音声も収録した。今年3月に定期運用を追えたJR185系「特急踊り子」をはじめとする伊豆急行線を走行する様々な列車とのすれ違いシーンも楽しめる。

 伊豆急が監修し、グループ会社の伊豆急ケーブルネットワークと、VR映像を手掛けるジーンハートが制作。「鉄道会社公式の運転台の中で8K撮影したVR映像はネット上でも見られないので、おそらく世界初の商品」とみている。

 360度VRコンテンツのストリーミングサービス「VR SQUARE」 「Blinky」で配信。価格は税込4980円。視聴は発売から2年間(2023年5月)限定。VRゴーグルで楽しめる他、PCやスマホでパノラマ映像で視聴することもできる。購入者のうち先着1000人に「黒船電車オリジナルVRゴーグル」プレゼントする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.