ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年05月10日 19時30分 公開

JR東日本が駅にシェアサイクル拠点整備 MaaS構築に向けOpenStreetに出資

JR東日本はOpenStreetと資本業務提携を結んだ。駅にシェアサイクルステーション拠点を整備し、街の回遊性向上につなげる。

[荒岡瑛一郎,ITmedia]

 JR東日本は5月10日、シェアサイクルサービスを提供するOpenStreet(東京都港区)の第三者割当増資を引き受け、資本業務提携したと発表した。JR東日本の駅にシェアサイクルステーション拠点を整備することで、街の回遊性向上につなげるとしている。

 JR東日本は約1236万人(2021年4月30日時点)のJRE POINT会員と、街の中心として機能する駅や駅ビルを持っている。OpenStreetはシェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCLING」などを運営する企業で、全国に3600カ所以上のシェアサイクルステーション拠点を展開している。シェアサイクル利用時にJRE POINTがたまるようにすることで、JRE POINT会員にシェアサイクル利用を促す。

JR東日本とOpenStreetの連携

 JR東日本の共通基盤であるJRE POINTを軸にさまざまなサービスと接続することで、各種交通手段をサービスとしてつなぐMaaS(Mobility as a Service)の構築と展開を進めていくとしている。JR東日本が提供する都市型MaaSアプリ「Ringo Pass」とOpenStreetのシェアサイクルサービスとの連携も準備を進めているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.