ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2021年05月11日 09時37分 公開

PS5の品不足は2022年も続くとCFO──Bloomberg報道

ソニーの十時CFOが、PlayStation 5(PS5)の需要は続いており、「来年も供給が追いつかないだろう」と語ったとBloombergが報じた。11月発売のPS5の2020年度の販売台数は780万台だった。

[ITmedia]

 ソニーの十時裕樹CFO(最高財務責任者)が同社のゲーム端末「PlayStation 5」(PS5)の供給不足について、「来年増産しても、供給は需要に追いつけないだろう」と語ったと、米Bloombergが5月10日(現地時間)、同社のブリーフィングに参加した匿名希望のアナリストの話として報じた。

 PS5は、半導体などの部品不足もあり、昨年11月の発売以来、入手が困難になっている。

 ps 5 ソニーストアや直営店では現在、PS5を販売していない

 十時氏はブリーフィングで、可能なかぎり早く増産する必要があると語った。コロナ禍の状況にかかわらず、需要は高いままという。「PS4は1億台以上販売しており、市場シェアとレビューを考慮すると、需要が簡単に減少するとは考えられない」(十時氏)

 同社は4月28日の業績発表で、2020年度のPS5の販売台数は780万台で、2021年度は1480万台以上を目指すとしている。

 ps5 2 (業績発表資料より)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.