ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年05月14日 10時25分 公開

Discord、6周年でマネタイズ機能や新ロゴを発表

6周年を迎えたDiscordが新機能や新ロゴを発表した。4月に発表したClubhouse的なサービスを“発見”したり、有料チケットでのマネタイズが可能になる。ロゴのClydeくんはフキダシから開放された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ゲーマー向けのチャットサービス「Discord」を運営する米Discordは5月13日(現地時間)、サービス提供開始からの6周年を記念して、マネタイズを含む新機能や新ロゴを発表した。

 discord

 2015年にゲーマー向けチャットサービスとしてスタートしたDiscordは、現在1億5000万人以上のMAU(月間アクティブユーザー数)を擁するサービスに成長した。

公開ステージチャンネルを紹介する「ステージディスカバリー」

 「ステージチャンネル」は、同社が4月に発表したClubhouseのようなボイスチャットサービスだ。

 ステージディスカバリーは、公開されているステージチャンネルを発見するための機能。機械学習でキュレーションしたステージチャンネルのフィードが表示され、ユーザーはこのフィードから直接チャンネルを聞くことができるようになる。この機能は6月に追加される見込みだ。

有料チケットのテストを開始

 Discordでの音声チャットはこれまで、無料で参加できるものだけだったが、「コミュニティイベントの開催には多大な労力が費やされていることを知っている」ので、ユーザーが有料音声イベントを開催するための機能のテストを開始した。Discordでのマネタイズを目指す初の機能だ。現在プライベートβ版をテスト中。

スレッドは夏に登場

 スレッド表示は、「最も要望の多かった機能」で、いま夏に機能を追加する計画。

新しいロゴ

 Discordのロゴは「Clyde」(クライド)という名前で、従来はDiscordが音声サービスであることを強調するためにフキダシの中にいた。だが、このロゴは左右非対称なため、グッズ制作などで手間がかかっていたという。そこで、左右対称にし、“アンテナ”も太く更新した。

 logo 新旧ロゴ(右が新しいロゴ)

 ロゴだけでなく、企業名のフォントもより見やすいものにした。イメージカラーの「ブルーパープル」もやや変わっている。

 font 新旧フォント(下が新しいフォント)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.