ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年05月18日 17時48分 公開

岸防衛相「不正な予約は接種機会を奪う悪質な行為」 ワクチン大規模接種の予約システムは「可能な範囲で改修」

一部報道が実際に予約システムを使って試した上で「架空の番号でも予約可能」などと報じたことが波紋を広げている。岸信夫防衛相は「極めて悪質な行為」と自身のTwitterアカウントに投稿。架空予約を行った報道社に対し抗議した。

[樋口隆充,ITmedia]

 防衛省が5月17日に始めた、大規模な会場を使った新型コロナワクチンの接種予約システムについて、一部報道機関が実際に予約システムを使って試した上で「架空の番号でも予約可能」などと報じたことが波紋を広げている。これに対し、岸信夫防衛相は18日、「65歳以上の方の接種機会を奪い、貴重なワクチンそのものが無駄になりかねない極めて悪質な行為」と自身のTwitterアカウントに投稿。架空予約を行った報道機関に対し抗議した。

photo 岸信夫防衛大臣(出典:防衛省公式サイト)

 現在の大規模接種の対象者は、東京23区内と大阪市内在住の65歳以上の高齢者で、予約には自治体が配布している接種券番号などが必要だ。システムの脆弱性をいち早く報じたAERA dot.の記者は17日に公開した記事の中で、でたらめな番号を予約システムのフォームに入力しても予約が取れてしまうことを、実際のシステムで確かめたと記載。毎日新聞も、架空の番号で予約が取れることを記者が確認したという。ただし2社とも、予約後には予約をキャンセルしたとしている。

 これらの報道を受け、岸大臣は「今回ご指摘の点は真摯に受け止め、市区町村コードが真正な情報である事が確認できるようにするなど、対応可能な範囲で改修を検討する」とした。

 ただ、取材方法に問題があるとして、岸大臣は「両社に抗議する」と投稿。「不正な手段でのワクチン接種の予約は、この国難ともいうべき状況で懸命に対応にあたる部隊の士気を下げ、現場の混乱を招くことにつながる」と批判した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.