ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2021年05月19日 05時32分 公開

FitbitのパークCEO、「Wear OS搭載のプレミアムスマートウォッチを開発する」Google I/O 2021

Google I/O 2021に登場したFitbitのCEOが、「Wear OS」搭載のプレミアムウォッチを開発すると語った。Wear OSはTizenと統合され、Fitbitのフィットネス機能も搭載される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleが5月18日(現地時間)にオンラインで開催した年次開発者会議「Google I/O 2021」の基調講演で、傘下の米Fitbitのジェームズ・パークCEOが「将来、Wear OS搭載のプレミアムスマートウォッチを開発する」と語った。

 park

 Fitbitはこれまで、自社製品には独自OSを搭載してきたが、少なくとも(フィットネスバンドではなく)スマートウォッチ製品ではGoogleのOSを採用するようだ。

【訂正履歴:2021年6月16日午後6時 記事初出時、「スマートフォン製品では」としていましたが、正しくは「スマートウォッチ製品では」でした。】

 Googleはまた、「Wear OS by Google」を韓国Samsung Electronicsの「Tizen」と統合した新OSにすることも発表した(名称は「Wear」あるいは「Wear OS」になる模様)。

 新OSはこの統合により、バッテリー持続時間が大幅に改善され、アプリの読み込み時間が30%短縮され、アニメーションがなめらかになるという。

 wear os

 新OSでは、Fitbitのフィットネストラッキング機能も搭載される見込みだ。

 Samsungはこの基調講演で、次期「Galaxy Watch」にはこの新OSを搭載すると語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.