ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年05月19日 19時20分 公開

5GでXRコンテンツ配信、スタンドアロンHMDでもPC接続時に近い品質で表示

アスクは5月18日、ローカル5Gネットワークを介してXRコンテンツをヘッドマウントディスプレイ(HMD)などに配信するデモを5月に始めたと発表した。5G通信を活用するため、スタンドアロンHMDなど性能の限られた端末でも従来より高品質な映像や3Dデータを表示できるという。

[荒岡瑛一郎,ITmedia]

 アスクは5月18日、ローカル5Gネットワークを介してXR(AR、VR、MRなどの総称)コンテンツをヘッドマウントディスプレイ(HMD)などに配信するデモを5月に始めたと発表した。5Gを活用するため、スタンドアロン型のHMDなど、PCと有線接続した機器に比べて性能の低いデバイスでも、従来より高品質な映像や3Dデータを表示できるという。

デモ環境の説明図

 デモでは、XRコンテンツをストリーミング配信できる米NVIDIAのサービス「CloudXR」を活用。まずはCloudXRのサーバ上でレンダリングしたデータをアクセスポイントに配信する。

 次にアクセスポイントから、iPad Proや米MicrosoftのMR(拡張現実)ヘッドセット「HoloLens 2」、スタンドアロン型のVR HMDにWi-Fiでデータを送信。映像や3Dデータをどれだけの品質で表示できるか確かめる。サーバとアクセスポイント間の通信には、ネットワーク機器の製造販売を手掛けるAPRESIA Systems(東京都中央区)が用意したローカル5Gネットワークを活用する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.