ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年05月21日 13時00分 公開

Google、TensorFlowとマイコンを使ったコンテスト開催 5人に2500ドルの賞金用意

米Googleは5月19日(現地時間)、同社のマイクロコントローラー向け機械学習ライブラリ「TensorFlow Lite for Microcontrollers」を題材にしたコンテストを始めると発表した。入賞者5人には賞金2500ドルを用意。

[荒岡瑛一郎,ITmedia]

 米Googleは5月19日(現地時間)、同社のマイクロコントローラー向け機械学習ライブラリ「TensorFlow Lite for Microcontrollers」(以下、マイコン向けTensorFlow Lite)を題材にしたコンテストを始めると発表した。入賞者5人には賞金2500ドルを用意。締め切りは7月19日(米国太平洋標準時)まで。

 マイコン向けTensorFlow Liteは、数KBしかないマイコン上でも機械学習を可能とするライブラリ。コンテスト「The TensorFlow Microcontroller Challenge」の応募に必要な条件は、マイコンを使うこととオープンソースであること。一定の条件下で、AndroidやChromeも活用できるという。詳細は公式ルールで確認できる。

コンテストの告知画像

 Googleは応募作品について、「FUN」(遊び心)、「CREATIVE」(独創性)、「HELPFUL」(有用性)、「APPROACHABLE」(使用可能性)の4項目で評価するという。

 コンテストの勝者5人にはそれぞれ賞金2500ドル(約27万円)の他、同社のTensorFlowチームと1時間のWeb会議をする機会が与えられる。Google Developers Blogなど同社チャンネルでもプロジェクトが紹介されるとしている。

マイコン向けTensorFlow LiteとArduinoを使った3つのデモ

 コンテスト開始に当たりGoogle Creative Labでは、空中をたたいてドラムが演奏できる「Air Snare」、指を振るだけでデバイスが操作できる「Finger User Interface」、動作にラベルを付けて機械学習モデルを簡単にトレーニングできる「Tiny Motion Trainer」という3つのデモを公開している。マイコン向けTensorFlow Liteとワンボードマイコン「Arduino」、動作の角度と加速度を計測するIMUセンサーなどを使用したものという。

Air Snareで演奏している様子(動画はこちら
Finger User Interfaceで画面を操作している様子(動画はこちら
Tiny Motion Trainerで機械学習モデルをトレーニングしている様子(動画はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.