ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年05月26日 13時57分 公開

ツイキャスにClubhouse風の新機能 最大100人が同じライブ配信に参加可能に

ライブ配信サービス「ツイキャス」を運営するモイが、最大100人が同じライブ配信に話し手として参加できる機能「ツイキャスコール」を追加した。

[ITmedia]

 ライブ配信サービス「ツイキャス」を運営するモイは5月26日、最大100人が同じライブ配信に話し手として参加できる機能「ツイキャスコール」を追加した。音声SNS「Clubhouse」などと同様、配信者は外部の通話サービスなどを使わずに他のユーザーと共同でライブ配信できる。1つのライブ配信に参加できる視聴者は約10万人まで。

photo ツイキャスの新機能「ツイキャス・コール」

 ライブ配信を主催しているユーザーにリクエストを送り、承認されれば話し手として参加できる。主催者以外の話し手は音声のみ配信可能。リリース時点では主催者になれるのはPC版のみ。近日中にiOS・Android版でも主催できるようにする。

 モイによれば、ツイキャスでは外部の通話ソフトを使って複数人で会話し、その様子を視聴者に見せるライブ配信が定着しているという。こうした背景を踏まえ、外部のソフトを使わずに複数人での配信を可能にすることで、ユーザーがライブ配信を準備するときに必要な手間を減らすとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.